ビール酵母のプリン体

ビール酵母のプリン体は現在痛風の人は気をつけるべき

ビール酵母にはプリン体が配合されていますが、痛風ではない人は特に気にするレベルではないでしょう。
ですが、今現在痛風の人は、医者に相談してからビール酵母配合サプリを飲んだほうがいいでしょう。

 

 

痛風の人はプリン体を一切摂取できないというわけではないです。
でも、プリン体の摂取の量を抑える必要があります。

 

ビール酵母配合サプリを飲むのなら、他のところでのプリン体の量を抑える必要があるでしょう。
普段からあまりプリン体を摂取していないのなら、ビール酵母配合サプリを飲んでも問題ないでしょうが

 

そこまでしてビール酵母を摂取したいものなのか?

 

そこがちょっと疑問です。

 

 

ビール酵母配合サプリを飲んだら調子がいいから飲みたいという人もいるかもしれませんが、いろいろ試せば代わりのものが見つかるかもしれません。
乳酸菌や、青汁とか…健康にいいものは他にもありますからね。

 

医者もきびしくは言わないでしょうが、できれば飲んでもらいたくはないと思います。
ビール酵母を摂取しなくても死にはしませんから。

 

逆にメリットを考えると、痛風の人はプリン体を配合した製品をあまり食べないでしょうから、そういったところの費用が浮きます。
納豆は安くて栄養のある食べ物ですから、納豆を食べなくなるというのは痛いかもしれませんが、他のプリン体を多く配合している食べ物では、食べれなくなって困るものというのはほとんどないと思います。

 

ビールなんかも、実際は飲まなくてもいいものだと思いますから。
「飲み会のときに飲めないのはつらい」という人もいるかもしれませんが、世の中にはアルコールに弱い人も多いですからね。

 

プリン体を気にしてビールを飲むというのも、あまり気持ちよく飲めないのではないでしょうか。
一番大きいのはそこかもしれませんね。

 

飲んでいるときはいいかもしれませんが、後から
「プリン体を摂取しちゃったよ」
と思って自己嫌悪してしまうかもしれません。
そういう点で、やっぱりプリン体はできるだけ摂取しないようにしたほうがいいのではないでしょうか。

 

【ビール酵母とプリン体関連記事はこちら】
ビール酵母の副作用としてプリン体による痛風の危険性がある


ビール酵母配合商品目次


ビール酵母のプリン体は現在痛風の人は気にするべき関連ページ

ビール酵母のプリン体が原因で痛風になる可能性は低い
ビール酵母にはたしかにプリン体を配合していますが、目安の量を飲んだだけで痛風になる可能性は低いでしょう。
ビール酵母サプリが原因で痛風になる可能性は低い
ビール酵母サプリが原因で痛風になる可能性は低いです。それでも痛風が気になる人は飲まないほうがいいでしょう。