ビール酵母で痛風

ビール酵母のプリン体で痛風になる可能性は低い

中高年の男性に多いとされている痛風。
よくビールを飲む人は、痛風になる可能性があるとされています。
それはビールに配合されているプリン体の影響であり、ビール酵母を配合したエビオス錠やスーパービール酵母にもプリン体は配合されています。

 

 

痛風になる原因はプリン体以外にも、遺伝や太っているとなりやすいとされています。
なので大事なことは規則正しい生活を送ることだといえるでしょう。

 

 

ビール酵母を摂取しても痛風にならないといえる点として

 

ビール酵母を摂取したから痛風になってしまったという人を見たことがない

 

という点があります。
ビール酵母配合製品の口コミをみても、痛風になったというものはみたことがありません。

 

ビールをよく飲んで、さらにエビオス錠を飲んでいたのなら、痛風になる人もいるかもしれませんが、それは単純にプリン体を摂取しすぎただけではないでしょうか。

 

なのでビール酵母配合製品は

 

痛風にはならないが、プリン体の摂取にはなる

 

ということになります。
ビール酵母配合製品を狂ったように飲んだのなら、どうなるのかはわかりませんが、目安の量を飲んで痛風になるのなら、私生活のほうでなにか問題があったように感じます。
遺伝的影響でなってしまうこともあるので、100%ならないとはいえませんけど、エビオス錠を飲んで痛風になる人が多いのなら、もっと口コミでそういった低評価の体験談があるはずです。

 

ただ痛風にはならないと思いますが、プリン体を配合しているので、精神的不安からのストレスがたまる人は多そうです。
無理してビール酵母配合製品を飲む必要はないでしょう。

 

たまにいろいろな理由で「エビオス錠を飲むのがつらい」という人がいますが、飲むのがつらいのなら飲むのをやめればいいだけです。
たしかに残して捨てるのはもったいないと感じるかもしれませんが、また気が向いたときに飲めばいいでしょうし、捨てたとしてもストレスをためるよりはいいでしょう。

 

【ビール酵母の副作用紹介記事はこちら】
ビール酵母の副作用を考える


ビール酵母配合商品目次


ビール酵母のプリン体が原因で痛風になる可能性は低い関連ページ

ビール酵母のプリン体は現在痛風の人は気にするべき
ビール酵母のプリン体は現在痛風の人は気にするべきでしょう。
ビール酵母サプリが原因で痛風になる可能性は低い
ビール酵母サプリが原因で痛風になる可能性は低いです。それでも痛風が気になる人は飲まないほうがいいでしょう。