ビール酵母痛風の可能性

ビール酵母サプリで痛風になる可能性は低い!

ビール酵母サプリが原因で痛風になる可能性は低いです。

 

 

それでもビール酵母にはプリン体が配合されていることには違いないので、痛風になる可能性は少なからずあがってしまうでしょう。

 

なので痛風が怖いという人は、ビール酵母サプリを飲まなければいいでしょう。
「ビール酵母サプリを飲まないと生きていけない」なんていう人はいないです。

 

無理してビール酵母を飲もうとしなくていいでしょう。
でも、ビール酵母サプリを飲んでいる人に
「痛風が・・・」
といったようなことをいうのは野暮です。

 

人によっては、薬を副作用があるとわかっていても飲んでいる人もいます。
そういう人に「薬には副作用があるよ」というのは野暮ですよね。

 

ビール酵母サプリで痛風になる可能性は低いです。
でも自分がそれでも痛風になるのが怖いというのなら、ビール酵母を配合した製品を飲まなければいいだけの話です。

 

プリン体が気になっているのなら、納豆やレバーを食べないようにする人だっているかもしれません。
でも、納豆を食べている人に「プリン体が配合されているよ」というのも野暮なことでしょう。

 

プリン体が気になっている人は、たしかに万が一ということを考えているのでしょうが、万が一を考えていては車の運転もできませんし、電車や飛行機にも乗れません。事故が怖いですから。
プリン体を過剰摂取すると痛風の危険性があるというのは、車の運転で違法速度で走っていたりすると事故にあいやすいというのと似ています。

 

プリン体が痛風になる可能性があるというのはたしかにそのとおりです。
でも、それは車に乗っていたら、事故にあって命を落とすかもしれないというのと似た考えだと自分は思います。

 

 

納豆は多くの人が食べているから痛風の危険性がなく安全なものだと感じる。
一方のビール酵母配合製品は、一部の人が飲んでいるにすぎないから不安に感じる。
もしそういうのであるのなら、ビール酵母配合製品を飲まなければいいだけの話だと思いますね。

 

自分が不安に思うものを、わざわざ飲む必要はありません。
プリン体関係なしに、人間は食べたり飲んだりするものを選ぶことができる自由があるはずです。


ビール酵母配合商品目次


ビール酵母サプリが原因で痛風になる可能性は低い関連ページ

ビール酵母のプリン体は現在痛風の人は気にするべき
ビール酵母のプリン体は現在痛風の人は気にするべきでしょう。
ビール酵母のプリン体が原因で痛風になる可能性は低い
ビール酵母にはたしかにプリン体を配合していますが、目安の量を飲んだだけで痛風になる可能性は低いでしょう。